Home

タイ古式マッサージ錦糸町ホームスパ-東京
(Home Spa Traditional Thai Massage – Tokyo)

錦糸町駅周辺のタイ古式マッサージサロン

サワディーカー!

タイ古式マッサージホームスパタイのホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
タイ古式マッサージホームスパはJR総武線「錦糸町」駅北口から徒歩4分、東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅3番・4番出口から徒歩4分のタイ古式マッサージ店です。
タイ古式マッサージホームスパでは、タイ古式マッサージの本場、タイ女性スタッフがマッサージいたします。
錦糸町にお住まい・お勤めの方はもちろんのこと、両国、錦糸町、亀戸、平井、新小岩、市川、本八幡、下総中山、西船橋など総武線沿線にお住まい・お勤めの方も、ぜひタイ古式マッサージで日頃の疲れを癒しにお越しくださいませ。
タイ古式マッサージ錦糸町ホームスパ
タイ古式マッサージ錦糸町ホームスパ疲れを癒すだけではなく、
節々スッキリ、体が軽くなる
タイ伝統の技「タイ古式マッサージ」
タイ古式マッサージは、ゆったりとしたリズムで行われ、指や手のひらによる圧迫や関節を曲げるストレッチがバランスよく取り入れられた、身体も心もリラックスさせてくれるマッサージです。世界で一番気持ちいいといわれているタイ古式マッサージで日頃の疲れを癒し、健康な毎日を過ごしましょう。
タイ古式マッサージでは、身体の不調は身体を巡る血流の滞りによるものと考えられています。本来、血流が滞りなく流れているときには、自然治癒力が働いて、身体を正常に機能させています。これこそ健康な状態なのですが、過度のストレスやそれに伴う自律神経の障害によって、身体のバランスが崩れ、自然治癒力が正常に機能せずに「病気」という症状として表れてしまいます。タイ古式マッサージでは、血流を正常にすることで、自然治癒力を取り戻そうという考えに基づいています。ストレスからくる自律神経障害を緩和し、タイ古式マッサージを受け手ている間とてもリラックスな状態を感じますので心身のストレスも緩和されます。
長年の歴史に裏づけされた
タイ古式マッサージの施術法
バンコクのワットポー寺院には、タイ古式マッサージの学校と施術所があり、境内には「セン」と呼ばれるエネルギーラインが彫られた石版を壁に掛け保存されています。この「セン」をマッサージをすることが、タイ古式マッサージの基本となっています。
タイ古式マッサージの手技は、掌、拇、拳だけではなく、肘、膝、足なども使い、お客の背中に直接乗って体重を掛けた施術法もあります。さらにタイ古式マッサージの最大の特徴ともいえるストレッチがあり関節や筋肉をほぐします。世界各国にマッサージなるものが存在しますが、このタイ古式マッサージの技法の多さには叶わないといわれます。
東洋医学の神髄に裏打ちされた
タイ古式マッサージの考え方
東洋医学またタイ伝統医学では、宇宙が地、水、風、火の4つ要素で構成されると考えられ、その4つのバランスが崩れる時、人間は病気になると考えられています。
「地」とは、筋肉、骨、歯、内臓などの土に帰る要素で構成
「水」とは、血液、リンパ液、汗、尿などの水分の要素で構成
「風」とは、呼吸、下から上へ通る風、上から下へ通る風、腸内の風などの動きの要素で構成
「火」とは、体温、老化の火、消化の火などの熱の要素で構成
これらすべての要素に働きかけることで、健康な体を取り戻そうというのがタイ古式マッサージの考え方です。
タイ古式マッサージの施術中はアルファー波でリラックス
タイ古式マッサージを受けている時、半覚半眠の状態となり、脳内はアルファー波で満たされます。精神を安定させ、心をリラックスさせる鎮静作用も大きな特徴のひとつでストレス緩和にも効果が期待できます。
なによりも微笑みの国のタイ女性ならではのホスピタリティーあふれるおもてなしの心が、疲れだけではなく気分も晴れやかにしてくれます。

Massage is not simply massage. You are sharing energy; and unless you have energy flowing in you, soon you will become tired. Then it is very risky. It is not physical tiredness that comes – that is not important; you will sleep, you will eat, and it will go. But massage is a deeper sharing of energy. When you are massaging somebody’s body, not only are your bodies involved – your subtle bodies, two energy bodies, two bio-plasmas. The person who is taking massage can take too much of your bio-plasma, and unless you are a constant inner supply, unless you are joined to the source, you will become very much dissipated by it. It may not immediately affect you because you are young. Even for months and years you may not feel it, but one day suddenly you will feel you are collapsed.

So, my understanding is that first one should work upon oneself, and one should become very, very centered. When you are centered, you are not. When you are centered, the source starts functioning. Then you are just a passage. The cosmos starts flowing through you – then there is no problem. You can share as much energy as you want, and you will be constantly getting new energy. Then you are not like a reservoir of water which has no springs to it. You are like a well which has many springs to it; you go on taking the water out and new water is flowing in – you cannot exhaust it. In fact, you take the old, rotten, stale water out, and the fresh and alive water comes in. So, the well is very happy – you are unburdening it from the past and the old and the stagnant. So, if you are in a flow and your energy is flowering then there is no problem.

So, massage and healing and these phenomena are very subtle. And it is not only a question of knowing the technique, the bigger question is how to be at the source then there is no problem. Then I don’t bother even about the technique and whether you know it or not. You can simply start playing with somebody’s body and energy will be flowing, and there will be great benefits. But there is only real benefit when the person who is massaging is also benefited through it – then there is a real benefit. Then the healer is benefited, and the be healed too – both are benefited. Nobody is at loss.

Osho, From Medication to Meditation